セラミックの総合研削研磨加工の名東技研|ファインセラミックスとは
名東技研ホームページタイトル
HOME < ファインセラミックスとは
 ファインセラミックスとは
 

ファインセラミックスとは、粘土などを原料とし、高熱処理により製造された無機材料です。ガラス・セメント・陶磁器・耐火物などが、従来から使用されてる代表例です。

ファインセラミックスはセラミックスの中で、高純度の原料を精度よく製造されたものの総称です。 旧セラミックスが粘土、陶石、石灰石など天然素材を使用して製造するのに対して、ファインセラミックスでは、主に人工的な材料を使い焼成も厳密にコントロールして製造されます。セラミックの特性としての硬い・燃えない・電気を通さないという共通性は維持しながらファインセラミックスではより多くの機能を有しているものが開発されています。

 
 ファインセラミックスの機能的分類
 
エレクトロニクスセラミックス 電磁気的機能を有するもの
絶縁、誘電、圧電、半導体、永久磁石、磁気記録材料など
エンジニアリングセラミックス 機械的機能を有するもの
耐摩耗、切削、耐熱材料など
バイオセラミックス 整体適合機能を有するもの
人工骨、人工歯根材料など
オプトセラミックス 光学的機能を有するもの
透光性材料
超電導セラミックス 超電導機能を有するもの
超電導線材、素子など
 
 ファインセラミックスの代表的な材料
 
アルミナ(AL2O3) 硬度、耐熱性、耐薬品性に優れた特性を有しているため、機械材料として汎用され、また、電気絶縁性にも優れているため、IC基板や碍子などエレクトロセラミックとして使用されています。
ジルコニア(ZrO2) 破壊靭性が高い性質を有しており、各種の高機能セラミック部品をつくることができるエンジニアリングセラミックです。
炭化ケイ素(SiC) ケイ素と炭素とから構成されているセラミックスであり、空気中では高温でも安定であるため、早くから耐火物、研磨材、発熱体などとして用いられ、耐熱構造材のエンジニアリングセラミックスとして使用されています。
窒化ケイ素(Si3N4) 高い機械的強度、耐摩耗性、耐食性などによって自動車エンジンのセラミックス化やガスタービン翼など従来の材料に代わる新しい素材です。
窒化アルミニウム(ALN) アルミニウムと窒素の化合物で、エレクトロセラミックスの一種であり、高い熱伝導性によって半導体基板、半導体および高純度金属の溶解るつぼせどに用いられています。
石 英 地殻を構成する主要成分の中で、もっともたくさんあるのが酸素。その次ぎがケイ素。この2つの元素が自然の中で結合してできたのが「石英」で、その結晶は「水晶」です。また、情報ネットワーク発展を支える光ファイバーや液晶画面の技術に利用されています。
 
 ファインセラミックスの将来性
 
ファインセラミックスなどの無機新素材は、耐熱性、耐摩耗性や電磁気的特性等多様で優れた特性や機能を有し、携帯電話等の情報通信分野、排ガスフィルター等の環境・エネルギー分野、人工骨等の医療・福祉分野等の広範な産業分野における基盤材料として、重要な役割を担っている。特に近年の携帯電話やパソコン及びその周辺機器の著しい需要増加に伴い、ファインセラミックス部材の生産は、平成19年には約2.3兆円の市場規模に達しており、電磁気・光学用 14,300億円、機械的 3,248億円、半導体製造用 2,195億円、化学的 2,522億円となっている。(出典:2007年ファインセラミックス産業動向調査)