セラミックの総合研削研磨加工の名東技研|DryCip成形機
名東技研ホームページタイトル
HOME < 取り扱い加工技術品目一覧 < ドライシップ成形加工
 概要
 

■正式名称:(DRY bag process Cold Isostatic Pressing )

■高圧容器内で、圧力媒体(水)をシールするマスターバックを介して圧力を伝達

■成形ゴム型内部に充填された粉体を成形する方法

■ゴム型は水に触れていない

 
 特徴
 

1.歪みの少ないまっすぐな成形体ができる

2.ゴム型に水が触れないため封止処理が不要

3.丸棒・パイプ以外にも、様々な形が成形可能

4.装置が小型であるため、作業人員が少なくて済む

 
 スペック
 

■最大成形体寸法

  アルミナ  約φ60400L

  炭化珪素  約φ55400L

  窒化珪素  約φ50400L

ドライシップ形成機 ドライシップ成形加工

 

 
 設備一覧へ